仕事を効率化してスマートに

仕事を効率化させて定時で帰るために

作業時間の短縮

今日では残業することが当たり前だという意識の元で働くサラリーマンや労働者が日本には多くいます。それどころかサービス残業といって自分から残業を課している人もいるくらいです。世界から見たらこの環境は異常で過労死という単語自体は日本にしか存在しません。残業は本来、定時に仕事を終わらせることができればする必要がないものです。残業や休みがほとんどないなど無理な生活をしていては体も心も壊します。健康より大事な仕事はありません。壊してからでは全てが遅いです。
では、どうすれば残業しないで済むのか。それは仕事を効率化してイレギュラーに対応する柔軟性と残業は絶対にやらないという強い意志を持つことが大事です。
作業時間の中で単純作業があるならテンプレ化すれば早く終わります。また、仕事を始める前に1日のスケジュールを立てて計画的に実行します。予定通りいかないイレギュラーが発生したらスケジュールを組み替えて臨機応変に対応するなど色んな工夫があります。そして、作業中にわからないことがあったらすぐに職場の人間に相談したり報告したり連携を取れば一人で抱え込むよりも早く解決します。
しかし、それでも現代の会社は周りが仕事をしているのに自分だけが帰るのは悪いと思う空気がありなかなか定時で帰りますと言えない人もいます。そうならないためにも効率の良い仕事っぷりを常に行い、周りとのコミュニケーションを図り、堂々と定時で帰れるようにしましょう。