仕事を効率化してスマートに

仕事を効率化させて定時で帰るために

>

予め準備をする

仕事の段取り

物事を行う前に手順や順序を予め準備して段取りを組んでおくとより一層仕事が捗ります。この段取りが上手くいったかどうかによっては定時に帰れるかどうかが左右されるほど重要なものです。昔からしっかりとした段取りを組めば一日の仕事の8割が終わると言われているほど重要な作業です。
どれほど忙しくても定時で帰るという強い意識を持ち、残業は絶対にやらないという心構えを持ちましょう。残業することが当たり前という感覚を捨てなければ一生残業することになります。残業も仕事時間の一部と考えてしまっては先に述べたパーキンソンの法則により仕事のノルマの中に残業も含めてしまいます。定時に終わらせることができるように意識しましょう。

1日のやるべき仕事をリスト化

本日の作業を行う前に1日の作業を全て書き出してリストにしましょう。
出来るだけ詳細を書くようにして、特に最初は事細かく書くようにしましょう。そうすれば無駄な作業をやらずにやり忘れなどのミスをなくすことができます。
1日の作業を全て書き出したら重要なものとそうでないものを分けます。
重要な仕事は絶対にミスを犯してはならないのでわかりやすく重要項目にしましょう。
重要で緊急な仕事のイレギュラーはすぐに対処しなければなりません。
重要項目とそうでない項目を分けたら定時の時刻から逆算してスケジュールを組みます。
緊急なイレギュラーが発生したらスケジュールを分解して組み直したりして柔軟に対応することによって残業を残さないようにしましょう。お昼休みは他の同業者とのコミュニケーションも大事ですが、スケジュールの確認をすることも重要です。


このTOPICSをシェアする